chef de cuisine 飯田イサオ

62年1月栃木県佐野市に生まれる。中学生の頃から何か商売をはじめたくて商業高校に入学、その頃は電気屋でも自動車屋でもなんでもよかった、高校時代佐野ラーメンのアルバイトをしたのが料理人のきっかけ、その後、親の薦めで料理やるなら東京でという事で80年、4月に上京、天皇の料理番の舞台となった老舗の上野精養軒を皮切りにホテルオークラレストラン、メトロポリタン東京、全日空ホテルを経て渡仏、(1989~1991観光VISAによる入国の為、持病悪化により診療の為帰国)その後インターコンチネンタルホテルを経て96年宇都宮に開業。東京にいる時は色々な先輩に指導を受け、海外の有名シェフや国内の有名料理人の本物の料理に触れた80年、90年代の仕事を今でも継承していくように努力する毎日、ヨーロッパの料理の基本は言葉からと今でもわからない事があると辞書をひき大学生のアルバイトにまで本物を覚えろといつも言っている。希望は英語、フランス語対応レストラン、地方都市にはあるようでない外国人と通じあえるbistroです。

      

 仕事関係の趣味

 東京及びその近郊の 食べ歩き、各国の包丁コレクター 現在包丁とヨーロッパ産小道具87本、フランス料理の 原書少々

  福島、茨城県等の知人や業者さんと会いそうもない田舎のコーヒーの飲める場所でフランス語の本と栗原はるみさんの英語の料理本の読書と野菜の仕入、那須や県内だと落ち着かない。 

  別にカフェでなくて喫茶店でも構わない。コーヒーがまともで禁煙 の場所 。

 

趣味 ヨーロッパの鉄道の旅 現在は暇がなくて行っていない。  

 

   1 パリ・リヨン駅,TGVでスイス・ローザンヌを経てミラノまでの景色は最 高!! 通算6往復

   2 南仏ニース・モナコモンテカルロからジェノヴァ の地中海沿い、有名レストランばかり!!

   3 パリからオーストリアのザルツブルグまでの冬の車窓 食堂車の子羊料理美味かった!

   4 パリ・ガールリヨンからモンペリエ、ピレネーの脇を通ってバルセロナ  

     スペインはフランスのSNCFと軌道幅が異なるので国境の駅で降ろされる。

       5  パリ、モンパルナス 駅からTGV アトランティックでル・マン方面でロワール地域

     ★アパートが13区だったので各駅停車でぶらり一人旅、降りた駅のビストロで昼食。

    6 パリ、サンラザール駅からベルギーブリュッセルミディへ小旅行をかねた食べ歩き

    7 旅行ではないがパリ・リヨン駅のtrain blueで国際列車や南フランス行きのTGVを

     見ながら食事  (当時★星レストランです)  

 

現地の感動の料理

   ジョエル ロブションの全てのお料理 結婚式で頂いたパリ、トゥール 

   ダルジャン のシャーベット。

         べ ルナール パコーのterrine de foie gras、牛テールの赤ワイン煮  ギーサヴォアのle barのエカイユ仕立て

 

尊敬する人物

   両親は勿論の事、料理人の先輩、すべてにおいて現役でがんばっている人物

   イベンダー ホリフィールド、バーナード ホプキンス(プロボクサー)カズ(サッカー選手)矢沢永吉 さん

 

尊敬出来なく仕事上きらいな人物 (お店、専門職という分野の仕事の認識を履き違えてる人)

 1実行力のない人 。ろくに勉強も出来ないのに仕事で努力もしない人。 

 2 見習で入門して叱られるとモチベーション が下がるなんて言ってるダメ見習い宇都宮代表。

 3 仕事に対して無責任な人   

  ★ こういう人は自営とか見習いは最初からやらないほうがいいです。お店に迷惑がかかるし

  ( お店の存続にかかわる問題)そもそも自営や教わるなんて仕事はそんなに甘くはないし

   早くに結果はでません。20代でがんばらない奴は、30歳を過ぎたら雇用はない!!

    

           

                              以上